電力コラムCOLUMN

「IoT」ってなに?~ネオコーポレーションがお伝えするIoTの最前線
follow us in feedly ネオコーポレーション 電力コラムのRSSフィード

【目次】

  1. 「IoT」ってなに?~今さら聞けないIoTの基本
  2. 「IoT」でできること
  3. 便利なIoT家電~「スマートリモコン」
  4. IoTを活用したサービス~コインパーキングの「タイムズ」

 

みなさんは「IoT」って言葉をご存知でしょうか。
最近、テレビや雑誌などメディアでよく聞く言葉になりましたよね。
でも聞いたことがある、何となく分かるという人であっても、
「家電製品に使われているアレでしょ」
「インターネットを活用した何かでしょ」
と漠然と理解されているだけが多いように思えます。
でもこの「IoT」、とても進んで便利になっているんですよ。ここでは今さら聞けない「IoT」、またここまで進んだ「IoT」のトレンド情報についてお伝えします。

「IoT」ってなに?~今さら聞けないIotの基本

「家電製品に使われているアレ」
「インターネットを活用した何か」
「IoT」とは、まさにこの通りです(笑)。
「IoT」とは「Internet of Things」略した言葉で、訳してみると「モノのインターネット」になります。つまりインターネットが活用されている家電製品も「IoT」であるといえるのです。
モノにインターネットが活用されているといっても、なかなかピンとこないかもしれません。そもそもインターネットはパソコンやスマホを繋ぐもので、情報のやり取りをするくらいしか活用方法は思いつきませんから。
しかし今や暮らしの中に「IoT」は溶け込んでおり、「IoT」なしでは社会が成り立たないとも言われています。

「IoT」でできること

どんなことができるのか、暮らしの一場面を想定しながら「IoT」を説明していきましょう。
毎日の洗濯のために洗剤と柔軟剤をスーパーから3つずつ買ってきました。きれいに落ちると評判の洗剤で、柔軟剤はとても良い香りのするものでとても気に入っています。
毎日の洗濯に活用して、衣類を気持ちよく着ることができています。
しかしある日、洗剤がなくなっていることに気がつきました。「まだあるから大丈夫」と思いこんでいて、新しいものを購入することを忘れていたのです。
このようなことはよくあるシーンですよね。
「IoT」を活用すれば未然にこのようなことを防ぐことができます。「IoT」はモノの状態を知ることができますから、洗剤と柔軟剤の最後の在庫を使ったときには、お知らせをすることができます。
つまり企業で「IoT」を導入した場合であれば、モノの状態を遠隔監視しておいて、データ収集することが可能です。モノの状態を監視し、必要に応じて自動的に発注するような、モノ同士のやり取りも可能となっています。
うまく「IoT」を導入することによって、今まで人手によって行っていた作業の多くをモノや機械によってできるようになるのです。
とても便利ですよね。

便利なIoT家電~「スマートリモコン」

ではIoTを搭載した家電で、どのようなことができるのか見ていきましょう。便利なIoT家電の中でも「スマートリモコン」と呼ばれるものをご紹介します。
みなさんのご家庭にはたくさんの「リモコン」があるでしょう。テレビ、ビデオ、エアコン、扇風機など、その家電を使うたびにリモコンを使い分けているのではないでしょうか。
スマートリモコンを使うと、これらのリモコンを一括管理することができるようになり、しかもスマホで遠隔操作することができるのです。
例えば寒い日に外出していて、もうすぐ家に帰るからエアコンで部屋を暖めておきたいと考えたときに、帰宅する5分ほど前に遠隔操作でエアコンを付けておくことができます。
また防犯対策として、一定期間自宅を開けているとしても、定期的に自宅の照明をつけて空き巣対策をすることもできます。
帰宅してすぐにコーヒーを飲みたい場合であれば、事前にお湯を沸かしておくこともできますし、子供部屋やペットがいるお部屋の温度管理をすることもできます。
また機械の操作に不安がある人であれば、音声で操作することもできますので、ご高齢者が住んでいるご家庭でも安心して活用することができるのです。

参考:eRemote(リンクジャパン)https://linkjapan.co.jp/product/eremote-series/

IoTを活用したサービス~コインパーキングの「タイムズ」

社会に出るとIoTを活用した便利なサービスも登場しています。
普段、車で外出する人は多いと思いますが、その際に困るのが駐車場。駐車したい場所に駐車スペースが空いておらず、ぐるぐる周辺をまわって探したという経験をお持ちの方も多いでしょう。
コインパーキングの「タイムズ」は、全国に存在するコインパーキングをネットワークで結び、スマホアプリやパソコンでコインパーキングの空き情報を検索できるサービスを始めました。混雑しているか、空車はあるか確認することができます。
このサービスはパソコンだけではなく、専用のアプリもありますので、スマホからも検索することが可能です。また近隣で空車があるコインパーキングを検索することができますので、近隣をぐるぐるまわって探す必要もなくなります。
このようなサービスをうまく活用するととても便利ですよね。みなさんも「IoT」をうまく活用してみてくださいね。

参考:タイムズ駐車場検索 https://times-info.net/