松岡テスト%e6%9d%be%e5%b2%a1%e3%83%86%e3%82%b9%e3%83%88

デマンドコントローラーってなに?

デマンド」を監視やコントロールする「デマンドコントローラー」や
「デマンド監視装置」「デマンドコントロール装置」を略して「デマコン」といいます。

デマンド監視システムとは?

随時、変動する負荷電力量を計測し、30分間のデマンド時限における予測デマンド値を10秒毎に演算します。更に下方設定した目標デマンド値と予測デマンド値との関係を演算し、目標デマンド値をオーバーしないように監視します。
(毎時0分から30分間、毎時30分から30分間をデマンド時限とよびます。)

デマンドコントローラーとは?

目標デマンド値をオーバーする予測デマンド値を感知した際には、制御信号を発信して、予め設定した空調機器の室外機(コンプレッサー)を順次自動停止させることにより、予測デマンド値が目標デマンド値をオーバーしないように自動制御します。

図が入る

「デマンド値」とは?

「デマンド」は需要・要求・請求という意味が有ります。
電気での「デマンド」は30分間の電力の平均を「デマンド値」といいます。

例1)200kWを30分使用 (200kW×30分)÷30分=200kW(デマンド値)
例2)200kWを25分使用/20kWを5分使用 ((200kW×25分)+(20kW×5分))÷30分=170kW(デマンド値)
「デマンド値」は30分ごとに算出され1ヶ月間の「最大デマンド値」が記録され過去1年間で記録された年間の「最大デマンド値」を基に高圧基本料金が決まります。

グラフが入る

※8月が1年間の最大デマンド値となります。

高圧電気料金の仕組み<高圧契約の契約電力の決定方法について>

高圧契約のお客様は、当月を含む過去1年間で記録された最大デマンド値(kW)が契約電力となります。
契約電力が更新されますと、その後1年間はいくら電力量を控えても契約電力を下げることはできません。

※最大デマンド値とは、お客様がご使用された電力量を30分毎に計測し、そのうち月間で最も大きい値のことをいいます。
(毎時0分から30分間、毎時30分から30分間をデマンド時限とよびます。)

高圧基本料金 = 契約電力(kW) x 基本料金単価 x 力率割引

※基本料金単価は各電力会社の高圧契約種別ごとに定められています。高圧契約のお客様の年間基本料金は、
1年間の中で、僅か30分で計測される最大デマンド値(kW)に大きく影響されることになります。

各電力会社が推奨

電力会社が、お客様が使用される年間の最大デマンド値によって基本料金を決定するのは、各電力会社も年間で僅かな時間しか占めない最大デマンド値を抑えたいことが一番の理由となります。そのため電力会社は、20年以上も前からデマンドコントローラーの導入を推奨しており、導入の翌月から基本料金が削減できる等の特典を設けています。