電力コラムCOLUMN

電気の力がカギとなった電子錠~ネオコーポレーションがお伝えする便利な機能
follow us in feedly ネオコーポレーション 電力コラムのRSSフィード

【目次】

  1. 電子錠の便利な機能を知っていますか?
    ・暗証番号やICカード、さらにスマホがカギになる
    ・オートロック機能
    ・セキュリティが高く安心
  2. 電子錠のメリットを実感する使い方
    ・お年寄りがおられるご家庭
    ・民泊やアパートなど不特定の人が活用する部屋の場合
  3. 電子錠のデメリット
    ・雷で誤動作を起こすことも
    ・電池切れの心配あり

 

みなさんは自宅や会社などの「カギ」をお持ちでしょう。私たちの生活にカギは必需品ですよね。
近年は電気の力を使って施解錠ができる「電子錠」がとても増えています。カギを持ち歩く必要がないので、失くしたり置き忘れるような心配もありません。
ここでは電子錠の便利な機能についてお伝えします。

電子錠の便利な機能を知っていますか?

さまざまなカギが販売されていますが、まだまだシリンダーにカギを挿し込むタイプを利用している人が大半を占めています。
しかし、電子錠にはシリンダーキーにはない便利な機能がたくさんあります。どのような機能があるのか見てみましょう。

・暗証番号やICカード、さらにスマホがカギになる

カギは紛失させてしまう心配がありますし、特に小さなお子さまやお年寄りがカギを持っている場合は注意が必要ですよね。
電子錠であれば、暗証番号を入力したり、ICカードを近づけることで解錠させたり、いつも持っているスマホを利用することもできるのです。
多くの人が利用する扉を電子錠にすれば、いちいち全員にカギを渡す必要はありません。ICカードにしておけば、必要がなくなればその人が持っているICカードだけを抹消すればいいのです。
カギの管理がとても簡単になります。

・オートロック機能
電子錠ではオートロックを設定することができますので、カギの閉め忘れを心配することがありません。お年寄りや小さなお子さまが施錠しなければならないようなご家庭においては、この機能は非常に便利で、安心・安全に繋がります。
鍵をかけたかどうか心配したり、鍵をかけ忘れて慌てて帰宅しなければならない、という状況を回避できます。
また出入りの多い扉で、オートロックでは困るという方には、手動施錠を利用できる機種がおすすめです。

・セキュリティが高く安心
電子錠は、なんといってもセキュリティの高さが特徴的です。
鍵穴にカギを挿すシリンダータイプであれば、サムターン回しやピッキングなどで鍵を破られてしまうなど、セキュリティ面にどうしても問題があります。
電子錠にはそもそも鍵穴がありませんので、心配する必要はありません。また、無理にカギを壊そうとした場合にはアラームが鳴るなど、セキュリティ面を強化した電子錠も販売されています。

電子錠のメリットを実感する使い方

電子錠を実際に使用されている方に、どのような使い方をしているのか聞いてみると、電子錠の特徴を活かした方法を実践されていました。いくつかご紹介しましょう。

・お年寄りがいるご家庭
お年寄りがいるご家庭において、鍵の閉め忘れを防ぐために電子錠を導入するケースがあるようです。
オートロックに設定していれば、外出する際にも鍵を閉め忘れる心配がありません。帰宅時は、暗証番号でロックを解除するだけ。もちろん、ICカードを利用するのも便利です。
介護ヘルパーなどの外部サービスを利用しているご家庭であれば、部屋からリモコンで解錠することも可能です。
一度きりの暗証番号を登録できる機種もあり、その暗証番号をヘルパーさんに伝えるようにすれば、セキュリティ面も更に強化されます。

・民泊やアパートなど不特定の人が活用する部屋の場合
民泊やアパートを経営している方は、頻繁なカギの受け渡しを面倒だと感じる方も多いです。民泊であれば、毎日のように利用者が入れ替わるため、カギの受け渡しの対応をするだけでも、かなりの時間を費やしてしまいます。
先ほどの項目でお伝えしたように、一度きりの暗証番号を使用すれば、非常に便利です。利用客にパスワードを伝えておけば、カギの受け渡しが不要となります。また、部屋にカギとなるICカードを置いておけば、そのあとの出入りも可能となります。
チェックアウトの際には、ICカードを受付などに返却してもらうようにすれば、やりとりがスムーズになります。
万が一ICカードを持ち帰られてしまっても、有効期限の設定や、ICカードの使用を停止させることも可能です。

電子錠のデメリット

とても利用価値の高い電子錠ですが、最後にデメリットもお伝えしておきましょう。もし検討している人がいれば参考にしてください。

・雷で誤動作を起こすことも
電子錠を設置している場所の近くに落雷があった場合、雷の電気で電子錠が誤動作を起こしてしまい、施解錠ができなくなってしまう可能性があります。
もちろん誤作動が起こった際には、再設定をすれば問題ありませんが、稀に故障の原因となってしまうこともあるようです。

・電池切れの心配あり
電子錠の多くは家庭用の電源を使用するものではなく、電池を使用しているものもあります。
ただ、使用頻度にもよりますが、新品の電池を使用した場合は1年間は電池切れを起こすことはないようです。突然電池が切れてしまった場合、解錠することができなくなってしまいます。
ただし多くの電子錠は外部から9ボルト角電池を接続することによって、解錠させることができるものが多いようです。また、電池の残量が少なくなってくると、アラームなどで知らせてくれる機能が付いているものもあります。

いかがでしたでしょうか。
まだシリンダーキーを利用されている方は、ぜひ一度調べてみてください。