電力コラムCOLUMN

電気の力でうつ病を治す?~ネオ・コーポレーションがお伝えする「うつ病治療」の最前線
follow us in feedly ネオコーポレーション 電力コラムのRSSフィード

【目次】

  1. うつ病とは~ストレスがきっかけで起こる脳の病気
  2. うつ病の治療~まずは休息から
  3. 新しい治療法「磁気刺激治療(TMS)」とは

 

うつ病はとても身近な病気で、うつ病の治療をしている人は、国内で112万人(2014年厚生労働省調べ)、世界では3億人もいるそうです(WHO調べ)。
うつ病だと診断されれば、生活を見直してストレスを抱えないための改善と並行して、服薬での治療を行うことになります。

しかし、近年うつ秒の治療法がどんどん変わってきていて、最近では電気の力を活用する「磁気刺激治療(TMS)」と呼ばれるものが現れました。
今回は「うつ病とはどのような病気で、治療はどのように行っているのか」なども踏まえ、磁気刺激治療(TMS)についてお伝えします。

うつ病とは?ストレスがきっかけで起こる脳の病気

うつ病についてご存知の方は多いと思います。「心の風邪」と呼ばれることもあり、誰にでも発症する可能性のある病気です。みなさんの周りにも、うつ病に苦しんでいる人がいませんか?
うつ病とは、行動意欲がなくなったり、眠れなくなったり、不安が強くなってしまうといった症状が続く病気です。
ストレスを抱えたまま発散できずにいると、自宅など本来リラックスできるはずの場所でもリラックスできずに、自分自身の心がいっぱいいっぱいになってうつ病を発症してしまいます。
8のの病気に対する社会の理解は、まだまだ進んでいないといえます。「心の病」であると考えて、「気の持ちよう」「考えすぎ」「甘え」などと言われてしまうことがあります。
きっかけは過度なストレスによるものが多いですが、脳に対する影響が大きいことが分かっていますので、心のあり方だけで治るものではありません。
もしも症状に心当たりがある方は、自己判断せずに専門医に相談するようにしてくださいね。

うつ病の治療…まずは休息から

うつ病の治療は、まず休息を取ることが大事です。「気合で治る」というような病気ではありませんし、「心の持ちよう」で治るものでもありません。まず、休息を取ったうえで治療が行われることになります。
うつ病は人間関係やストレスが引き金となることが多いので、そのような原因を取り除くことが大事です。そのため仕事がストレスになる場合であれば、移動や業務軽減などが必要になる場合もあります。何よりも周りの理解が必要になりますね。
また症状によっては、薬を服用して治療を行います。うつ病になってしまうと、気分が沈んだり、眠れなくなったりします。気分を改善させる薬や眠るための薬を飲んで、様子を診ていきます。
今は薬による治療が多いのですが、なかなか本人に合った薬と量を調整するのは難しいようです。医師が調整するのですが、場合によっては薬の調整だけでも数週間から数ヶ月ほどかかることもあるのです。
そのため人によっては、「薬の効果がないのかな」と不安に感じてしまう人もいます。うつ病の治療が長引いてしまうのは、なかなか本人に合う薬を見つけることが難しいのも理由のひとつですね。
少しでも心配なことがあれば、主治医に相談することが大事です。

うつ病の新しい治療法「磁気刺激治療(TMS)」とは

うつ病は「心の病気」とされてきましたから、薬も気分を整えるものが主流となっています。しかしうつ病は心の病気ではなく、脳の病気であることが分かったことから新しい治療法「磁気刺激治療(TMS)」が始まっています。
アメリカで始まった治療法ですが、現在国内ではうつ病に限ってこの治療法が認められており、今後保険適用になる見込みだということです。
この磁気刺激治療(TMS)は、正式名称を「経頭蓋(けいとうがい)磁気刺激法」といい、患者の頭の中で電流を作りだす装置を活用します。
私たちの脳は、電気信号によってさまざまな指令を出し、心や体を動かしていくことができます。
うつ病の人はこの電気信号の流れが悪くなっている状態です。この磁気刺激治療(TMS)によって、特定の場所を刺激して電気信号の流れをよくして、うつ病を治していくのです。
薬での治療は、まず薬を調整していくのが大変ですし、副作用の問題もあります。そのため薬によっては年齢制限も設けられています。
しかしこの磁気刺激治療(TMS)であれば、比較的早期に効果を実感することができるといわれています。 しかも副作用のリスクが低いことから、中学生以上であれば治療も可能となっているのです。
今後はほかの精神疾患にも応用される可能性もあるようです。