電力コラムCOLUMN

日本のエネルギー自給率について
follow us in feedly ネオコーポレーション 電力コラムのRSSフィード

世界第5位のエネルギー消費国である日本ですが、なんとエネルギー自給率はわずか6%(原子力は除く)です。先進国のなかでも自給率が低いため、エネルギー資源は海外からの輸入にそのほとんどを頼っているのが現状です。高度経済成長期以降、1965年と2015年を比較すると電力の消費量は約5.5倍と大幅に増加し、日本の電力消費量は世界的にみても、中国、アメリカ、インドに次いで第4位と高い水準になっており、顕著な電力消費の増加までは見られませんが、ここ数年においても省エネの促進などの影響や、インターネットなどの情報化社会の進展を踏まえると、家庭を中心に今後も高い水準で日本の電力消費は推移すると考えられています。

輸入に依存しないエネルギーの導入が求められる日本ですが、2度にわたる石油危機の経験により、エネルギー源の多様化を図り、石油に代わるものとして、天然ガス・石炭・原子力などの開発でエネルギー需給構造を改善するため努めてきました。結果、石油依存度は一定程度低減されましたが、まだまだ日本の電力は価格変動が激しい化石燃料の輸入に支えられています。更に、第一次石油ショックの頃は約7.5割だった化石燃料の輸入依存度は、東日本大震災直前2010年までは約6割まで減少していましたが、2014年になると約9割まで上昇し、再び高い依存度となりました。そして東日本大震災以降は、原子力発電の長期停止によって、火力発電による発電電力量は大幅に増加し、そのため2011年度から2015年度のたった5年間で約14.2兆円の燃料費が発生しており、4人家族で例えると、年間約6万円を資源国へ追加的に支払っていることになります。そして、火力発電でつくる電気が全体の約9割になっており、エネルギーをつくるための二酸化炭素排出量は、東日本大震災以降の2010年度と比較すると、2014年度では約0.8億tと約20%も増加しました。

しかし、日本には、太陽、風、水、森林など、自然の中にある豊富な再生可能エネルギー資源があります。太陽の日照条件も良好、北海道や東北を中心に風力に恵まれ、そして火山国であるため、日本は地熱資源量でみると世界第三位となっています。それにも関わらず、日本の再生可能エネルギーは導入がなかなか進みません。その理由のひとつに高いコストの問題があります。太陽光で40円、その他は20円前後と言われており、厳しい市場競争の中でコストの高い再生可能エネルギーを選ぶのはなかなか難しいことです。しかし、再生可能エネルギーは環境にやさしく、わたしたちの暮らしを明るくしてくれる大きな可能性を秘めた大切な選択肢です。そのため「固定価格買取制度」が2012年7月からスタートしました。この制度は、電気利用者みんなで協力し、今は高い再生可能エネルギーを買い支えて、大きく育てよう、というものです。この固定価格買取制度により、平成26年度の発電電力量は、制度を開始した平成23年度の1.4%から3.2%に増加しました。これからも日本は再生可能エネルギーをうまく利用し、よりよい方向へ向かっていくことが期待されています。