電力コラムCOLUMN

特別高圧電力について
follow us in feedly ネオコーポレーション 電力コラムのRSSフィード

2016年から一般家庭向けでも開始された電力自由化ですが、工場や企業向けには2016年より前にすでに開始されていました。工場などに向けた電力自由化は、当初は特別高圧という区分の需要に対する自由化のみ行われていました。対象となる範囲が拡大され、現在では50kW以上なら新電力会社からも電力の購入が可能となっています。現在は、電力自由化により、低圧、高圧、特別高圧の3つの区分での自由化が許可されています。

特別高圧とは、電力区分の中でも特に高圧であり、大規模な設備を必要とします。受電電圧が20,000V以上、さらに契約電力が原則として2,000kW以上のものに適用される契約種別です。幅広い産業分野における大規模工場や鉄道業などに主に適用されていますが、設備の規模によって特別高圧電力Aと特別高圧電力Bに分けられ、特別高圧電力Aはデパートやオフィスビル、病院などのことで、特別高圧電力Bが大規模工場のことになります。もちろん低圧や高圧よりも高価で、維持管理費も膨大ですが、電気料金メニューとしては従量料金が安く設定されている場合が多いです。

特別高圧の電線路は安全に関しての規則が特に厳しく定められています。導体が絶縁されていないことが多く、空中放電の発生の恐れがあるため、感電や災害防止のため、離隔距離が定められているほどです。特別高圧を使用する設備のある工場などでは、安全のために従業員に講習会を受けさせることが義務づけられています。電気保安協会などで開催されている講習会に行き、受講する必要があります。特別高圧を扱う場合は、労働安全衛生規則に従う必要もあります。

そんな特別高圧ですが、電気代の削減は可能なのでしょうか。まず、ピークの時間帯が朝と夕方という2つの電力を使用している場合、ひとつにまとめることで基本料金を下げることができます。また、一定量のベース電力と、変動するピーク電力を分けて別々の電力会社から購入する(複数の電源から同時調達する)というやり方で、合計の電気料金を下げられる可能性があります。特別高圧の場合であっても、主要な電力会社では、それぞれの料金プランがありますので、電気代の削減をお考えの方は、一度相談してみると期待以上に安くできるかもしれません。