電力コラムCOLUMN

地球環境とエネルギーについて
follow us in feedly ネオコーポレーション 電力コラムのRSSフィード

二酸化炭素やメタンなどの気体は温室効果ガスと呼ばれています。温室効果ガスは地表から熱が逃げるのを防ぐ働きがあります。人為的な温室効果ガス排出の多くはエネルギー起源であり、日本における温室効果ガスの約90%がエネルギー起源の二酸化炭素となっています。エネルギー起源の二酸化炭素とは、二酸化炭素排出量から工業プロセスや廃棄物などを除いたものです。二酸化炭素排出量全体の約40%が一般電気事業者による排出となっており、電源構成に大きな影響を与えています。

温室効果ガスが大気中に増加することで、赤外線が地球から宇宙に逃げにくくなり、地表付近の気温が上昇することが原因で、地球環境に悪影響が出ています。それが異常気象や地球温暖化です。近年の極端な高温や大雨の頻度の増加など、これらの異常気象の背景には地球温暖化が関係しています。地球温暖化により、地球の平均気温が上がってきていますが、そうすると地域ごとの気温は不規則に変動し、極端に暑くなる頻度が徐々に増えてきます。大雨の頻度の増加については、地球の平均気温の上昇に伴い、大気中の水蒸気が増え、その水蒸気が多い分だけが割り増しで雨が降る傾向となり、大雨の頻度が徐々に増えることになります。

これらの悪影響を防ぐためには、世界の温室効果ガスの排出量を減少させる必要があります。国連の温暖化交渉では、世界平均の気温上昇を産業以前を基準に2℃以内に抑えるべきという科学的見解が認識されており、安部首相も数年前にクールアース50という提案をしています。クールアース50とは、世界の温室効果ガス排出量を2050年までに50%削減するという内容です。しかしその一方で、世界の排出量は増加を続けており、このような目標の達成はもはや困難であると専門家は認識しています。実現するためには、排出量の急激な減少、そして今世紀末には排出量はゼロやマイナスにする必要があるのです。対策のための経済的なコスト、社会システムの大幅な変革に伴う社会的混乱、二酸化炭素の地中貯留などの新技術の導入など、数々のリスクが伴います。これらのリスクから逃れるのであれば、将来の温暖化の悪影響に人類が対処できなくなるという別のリスクを被る覚悟が必要になります。どちらにしろ、もはや人類は温暖化のリスクから逃れることはできないのです。人類はそこまで追い詰められてしまったという現実を受け入れ、問題を直視しなくてはなりません。リスクに向き合い、どのリスクをどれくらい受け入れるのかを判断する必要があります。日本や世界に判断を委ねるのではなく、ひとりひとりが問題に対し考え、行動を起こすべき日がやってきたのです。