電力コラムCOLUMN

高圧電力専門の電気工事士について
follow us in feedly ネオコーポレーション 電力コラムのRSSフィード

 

まず、高圧電力と低圧電力の違いについて説明いたします。高圧と低圧の違いは、ずばり契約アンペア数にあります。高圧電力は契約容量が50キロワット以上の工場や病院、大型の商業施設などが契約しているものです。その反対で低圧電療は契約容量が50キロワット未満の工場やオフィスなどの事業所が契約しています。
私たちが使用している電気は、電力会社にある変電所を通して電圧を下げながら送られてきています。低圧電力はトランスと呼ばれている柱上変圧器で、100ボルトもしくは200ボルトに変圧されて送られます。一方、高圧電力は、トランスの手前にある状態でキュービクルと呼ばれている高圧受電設備へ送られ、キュービクル内で100ボルトもしくは200ボルトに変圧されるのです。高圧か低圧かが分からない場合は、キュービクルがあるかないかで判断できます。「高圧受電盤」や「高電圧 変電設備」と書かれたクリーム色の機械であることが多いです。キュービクルがどのような見た目であるかさえ知れば、素人でもキュービクルの有無を確認することができます。もしくは、電気料金の請求書がある場合は、契約種別欄を見てください。そこに高圧の文字が記載されているか、供給電圧が6キロボルト以上であれば高圧電力の契約となります。

このように高圧電力と低圧電力には違いがあり、高圧電力を扱うには、最大電力500キロワット未満の工場やビルなどの工事に従事できる第一種電気工事士資格が必要になります。第二種電気工事士は、600ボルト以下で受電する小規模店舗などの低圧電力を扱う場所での作業に従事することができますが、高圧電力を扱う大規模商業施設などでは作業できません。
当社、株式会社ネオ・コーポレーションでは、低圧電力向けの自社開発の電子ブレーカー「N-EBシリーズ」の設置工事を担当する第二種電気工事士と、高圧電力向けのデマンド制御機「ACMDシリーズ」の設置工事を担当する第一種電気工事士を募集しています。電気設備の安全を守るために、工事の内容によって一定の資格のある人でなければ電気工事を行ってはならないことが、法令で決められています。そのため当社では、設置工事担当の技術職については、電気工事士の有資格者のみ採用を行っております。
設置工事だけでなく、電力会社への申請や調査、アフターメンテナンスなどもお願いしており、やりがいのある仕事内容です。同行研修があり先輩社員が丁寧に指導しますので、業界未経験の方でも安心です。資格を活かしながら稼ぎたい方、スキルをアップしたい方にはピッタリですので、ご興味のある方は是非ネオ・コーポレーションへお問い合わせください。
当社採用情報ページ