電力コラムCOLUMN

経済産業省が取り組んでいる電力負荷標準化対策の内容について
follow us in feedly ネオコーポレーション 電力コラムのRSSフィード

電力負荷平準化対策とは、最大需要電力の抑制を図る対策のことです。電気は貯蔵が困難であるため、ピーク時の電力需要に合わせて電力を安定的に供給できるように発電施設を稼働しておく必要があります。ピーク時の電力需要が少なければ少ないほど発電施設の稼働を抑えることが出来るため、必要な燃料を削減することができます。その結果、二酸化炭素排出量の削減にも貢献できることから、経済産業省は、電力負荷平準化対策を進めています。
電力負荷平準化対策としては、ピークシフト(夏季平日昼間などの電力需要のひっ迫した時期から、夜間や休日などの緩慢な時期に電力負荷を移行させること)や、ピークカット(需要のひっ迫した時期における電力を削減すること)、ボトムアップ(電力消費の少ない深夜に、電気を有効に使用すること)など、おおよそ3つの対策が挙げられます。デマンドコントローラーだけでなく、エコキュートや深夜電気温水器の推奨も、その取り組みのひとつです。電力負荷平準化をすることにより、電力安定供給確保への寄与、電力供給コストを中長期的に低減する基盤の確立、省エネルギーや二酸化炭素の排出抑制効果の地球環境問題への寄与などに、好影響を及ぼします。
ピークと呼ばれる時期については、月別の電気の使用状況は、1967年度までは年間の最大電力や1日の使用量の最高が大体12月~1月の冬季に発生していましたが、これは日照時間が短いために午後6時前後の照明需要が大きな要因となっていたからです。その後、エアコン、クーラーなどの冷房空調機器の著しい普及により、全国的に夏季の7月~9月にピークが出るようになりました。時間別の電気使用状況は、夕方6時前後の電灯点灯時にピークだったものが、昼間の2時~3時頃のピークに変わってきました。北海道電力は例外で、気候の影響により、冬季の電灯点灯時にピークになる傾向にあります。

電力負荷平準化対策については、現在も負荷平準化機器の開発や導入、国民からの理解を得る為の活動など、具体的な展開が進められているところです。負荷平準化機器の開発や導入は、従来からの蓄熱式空調システムに加えて、近年では電力貯蔵用蓄電池や夜間電力を活用する二酸化炭素冷媒ヒートポンプ給湯器が開発、実用化されており、その普及が図られています。負荷平準化の実現は国民の理解と実行が必須となるため、パンフレットの作成や普及促進セミナーの開催などの啓発活動が行われています。その他にも、ひとりでも多くの国民に呼びかけるため、広告などのマスメディアを積極的に活用したり、優秀導入事例に対する表彰制度などの充実を図ったりしながら、効果的な推進活動が進められています。各電力会社による料金メニューの多様化やリース制度の導入、経済産業省による導入支援、普及啓発事業、税制措置などの支援も、例のひとつです。実際の導入実績として、これまでの蓄熱式空調システム導入によるピークシフト電力の実績は、累計で160万kw(大型原子力発電所の1基相当分)と試算されています。今後も更なる対策の浸透と、成功が期待されます。