電力コラムCOLUMN

再生可能エネルギーとは?
follow us in feedly ネオコーポレーション 電力コラムのRSSフィード

再生可能エネルギーとはエネルギー源として永続的に利用することができると認められるもの(資源が枯渇しないエネルギー)のことで、代表的な発電方法として、太陽光発電、風力発電、水力発電、バイオマス発電、地熱発電などがあります。

日本の経済や我々の暮らしは、石油、石炭、天然ガスなどの化石燃料に支えられています。エネルギーの大半を海外からの輸入に頼っている日本にとって、世界のエネルギー需要が急速に増えている現状はとても厳しいものです。化石燃料の市場価格が乱高下するなど、エネルギー市場が不安定化していることに加え、化石燃料の利用によって発生する温室効果ガスの削減という課題もあります。このような状況下で、エネルギーを安定的に供給するためには、資源の枯渇のおそれが少なく、環境への負担も少ない再生可能エネルギーの導入を進めることが必須なのです。石油などの化石燃料には限りがありますが、再生可能エネルギーは枯渇せず繰り返し使うことができ、さらに発電時や熱利用時に地球温暖化の原因となる二酸化炭素をほとんど排出しない優れたエネルギーです。石油などに代わるクリーンなエネルギーとして、政府はさらなる導入と普及を促進しています。

エネルギー自給率が少ない日本にも、太陽、風、水、森林など、自然のなかにある豊富な再生可能エネルギー資源があります。しかし再生可能エネルギーの導入については、克服すべき課題もあります。設備の価格が高く、日照時間などの自然状況に左右されるなどの理由から利用率が低くなり、既存エネルギーと比較すると発電コストが高くなること。そして、再生可能エネルギーが大量に導入された場合、休日などの需要が少ない時期に余剰電力が発生したり、天候などの影響で出力が大きく変動することによって電気の供給が不安定になったりする可能性があります。そのため、発電出力の抑制や蓄電池の設置などの対策が必要になります。
このような課題を克服するため、日本では様々な支援施策が行われています。再生可能エネルギーの固定価格買取制度(再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が一定価格で一定期間買い取ることを国が約束する制度)はそのひとつです。 今後も、有効的に再生可能エネルギーの導入拡大を進めるため、安定的に供給するための蓄電池導入に関するコスト削減や、性能向上などの研究開発が積極的に取り組まれていく予定です。