電力コラムCOLUMN

世界のエネルギー事情について
follow us in feedly ネオコーポレーション 電力コラムのRSSフィード

産業革命以降、世界のエネルギー消費量は年々増加しています。2040年に世界のエネルギー消費量は、2014年と比べて約1.3倍に増加しているとのこと。そして1965年から1995年の30年間では約2倍となっています。人口増加と工業化の進展などにより、中国やインドなどのアジアを中心とした国々において増加しており、今後もますます増えていくものと思われます。人口増加については、世界の人口は増え続けており、2017年では約74億3千万人となっています。今後も発展途上国の人口増加により、2100年には108.5億人に達すると予測されています。そして人口増加に伴いエネルギー需給も著しく増加することが予想されており、限りあるエネルギー資源をどう利用していくか、今後の課題となっています。

それでは、石油や石炭、天然ガスなどの化石燃料はいつまで使い続けられるのでしょうか。このまま資源を使い続けると、あと何年採取できるかを、エネルギー資源確認埋蔵量で確認してみましょう。
エネルギー資源確認埋蔵量 = 現時点で確認されている経済的、合理的な範囲で採掘可能なそれぞれの資源埋蔵量 ÷ 年間の生産量
この方法で算出すると、石炭とウランは100年程度、石油と天然ガスは50年程と限りある資源であることが分かります。そして石油に関しては過去にも二度、世界的なオイルショックに陥りました。これは政情の不安定な中東地域に偏在しており、石油供給が滞るリスクをはらんでいます。しかし日本の一次エネルギー資源のおよそ半分が石油であり、なんと約8割を政情が不安定な中東に頼っています。原油価格は市場経済により常に変動しています。原油需要の増加に供給が追いつかなければ価格が上がり、またその逆であれば価格は下がります。このように需要と供給のバランスが価格を変動させていることになります。そして原油の価格は1986年に急落(逆オイルショックという言葉を生み出したほど、国際エネルギー情勢にとってインパクトのあるものでした)して以来、1990年代にかけては安定した価格が続いていました。しかし、ここ数年は新興国の中国やインドなどの石油需要の増大、主要産油国の中東地域の政情不安、そして更に短期的な価格変動に着目した投機資金の大量流出などによって、原油価格は大幅に変動しています。

エネルギー消費による環境への影響はあるのでしょうか。近年、化石燃料の利用が急速に増大したことにより、地球温暖化の主な原因である二酸化炭素排出量も大幅に増えています。二酸化炭素排出量の削減も地球規模で急務に実施すべき大きな課題となっています。このような加速するエネルギー消費量、限りある資源、環境への影響の問題を抱えながら、不足させることなく電力を供給することが世界各国においても大きなテーマとなっています。そして電源構成は各国のエネルギー資源の有無、政策の相違により、自国でできるベストな電源構成の組み合わせを追求しています。たとえば水資源が豊富なカナダは水力発電が6割近くを占めています。石炭や天然ガスなどの化石資源が多いアメリカ、中国は火力発電が6~7割近くを占め、エネルギー自給率を高める基本政策を打ち出し、原子力発電を進めたフランスは、原子力発電が8割を占めています。そして陸続きであるヨーロッパでは、利点を生かし電力網をつなげ、一部の国で電力が不足した場合も他国が供給する仕組みを確立して、国家の枠組みを超えた電源構成の組み立てている国もあります。このように、各国の長所を生かした電源構成の組み合わせを追求し続けることが、今後のエネルギー資源の確保と、電気の需要に応えていく大切な考え方、方法といえるでしょう。