製品情報products

ACMDネオ・コーポレーションのACMDは、高性能な「デマンド監視システム」と「デマンドコントローラー」により、
高圧電力の基本料金を大幅に削減するために開発された製品です。

デマンド監視システムの機能概要

随時、変動する負荷電力量を計測し、30分間のデマンド時限における予測デマンド値を10秒毎に演算します。更に下方設定した目標デマンド値と予測デマンド値との関係を演算し、目標デマンド値をオーバーしないように監視します。

デマンドコントローラーの機能概要

目標デマンド値をオーバーする予測デマンド値を感知した際には、制御信号を発信して、予め設定した空調機器の室外機(コンプレッサー)を順次自動停止させることにより、予測デマンド値が目標デマンド値をオーバーしないように自動制御します。

ネオコーポレーション デマンドコントローラー 実用新案登録第3201812号

ACMDシリーズが選ばれる
4つのメリット

ネオコーポレーション メリット1

ネオ・コーポレーションのACMD(エア・コンディショナー・マネージメント・デバイス)シリーズの導入で最大デマンド値を変更することで高圧電力の基本料金の削減が可能となります。

ネオコーポレーション メリット2

導入時の製品代金や工事費用などの初期費用は不要です。導入費用は月額削減金額の一部を月額リース料に充当していただきます。

ネオコーポレーション メリット3

空調機器の室外機を一定時間停止させますが、その間、それまでに冷やされた(温められた)空気は室内機により送風されるため、快適さは維持されます。

ネオコーポレーション メリット4

ACMDシリーズを導入していただいた翌月より最大デマンド値は変更され、基本料金が削減されます。 ※電力会社との協議により設置日からの日割り計算で削減可能となる場合もございます。

ACMDシリーズのシステム構成

いくら最大デマンド値を下げたいと思っても、お昼間の照明設備やOA機器、生産ラインの負荷設備を停止する訳にはいきません。
ACMDシリーズでは、冷房・暖房で使用されるエアコンの稼働を自動制御することにより最大デマンド値を削減します。

ネオコーポレーション ACMDシリーズのシステム構成イメージ

ACMDデマンド監視装置

高圧受電設備(キュービクル)に備えられた電力量計から発信される電力パルス信号を受け取り、10秒毎に30分デマンド時限到達時の予測デマンド値と予め設定した目標デマンド値との関係を演算し、監視しています。予測デマンド値が目標デマンド値をオーバーすると感知した際は、各室外機に取り付けられたACCDに対して停止信号を発信し、その後、予測デマンド値が目標デマンド値を超えない余裕値を感知した際には再稼働信号を発信します。

データの見える化

モニタリング機能とデータログバックアップ機能。ACMDで計測・演算した最大デマンド値を監視するデータは本体モニターで随時モニタリングすることが可能となります。また、使用電力量のデータログを日次・月次・年次でバックアップをとっており、それぞれの記録をパソコンで読み出すことが可能です。

ACCD空調自動制御機

ACMDから停止信号及び再稼働信号を受信した場合、予め設定された優先順位に応じて、各エアコン室外機の基板端子に働きかけ、稼働を自動制御していきます。

快適・安心な空調制御

エアコンの室外機を一時的に停止させても、エアコン室内機は稼働しており、室外機のコンプレッサー内の冷やされた空気が室内に送風されているため、室温の上昇や体感的に暑さを感じることは殆どありません。室外機のコンプレッサー停止後の一定時間は再稼働できないように、また、コンプレッサー稼働開始の一定時間は停止できないように電流センサーを利用した室外機を保護する機能を備えています。

※「ACMD」「ACCD」は、株式会社ネオ・コーポレーションの登録商標です。

お客様の電力環境に沿った
プランをご提供致します。

快適な室内温度を保ちながら、目標設定した最大デマンド値を確実にオーバーさせないために、
過去の電力量の実績やエアコン稼働状況のヒアリング、現場調査を行った上で最適なプランをご提案し、効果をお約束致します。

高性能低コスト

ACMDシリーズは高額であった自動式デマンドコントローラーを、高性能であることは損なわずに、低価格で開発し、ご提供することが可能となりました。 また、製品代金や設置工事代金等の導入費用は削減できた月間の基本料金の一部をリース費用に充当して頂けるご提案内容となっており、初期費用は一切不要です。