第51回 デマンドコントローラーの導入を電力会社が推奨している理由
follow us in feedly ネオコーポレーション 電力コラムのRSSフィード

「デマンドコントローラー(デマンドコントロールシステム、デマコンとも呼ばれている)の導入を電力会社は推奨している」と、当サイトの製品情報ページに記載しています。また、「経済産業省が取り組んでいる電力負荷標準化対策」という過去の記事でも少しご紹介しました。今回は、もう少し高圧電力とデマンドコントローラーについて掘り下げて書いていきます。

高圧電力には、デマンド値と呼ばれる、電気の使用量を表す値があります。デマンド値は簡単に言うと「30分間の平均使用電力」のことで、電力会社が電気代の基本料金を算出するときに使用する電力値です。毎時0分~30分、30分~60分で計測した電気の使用量の平均使用電力(kw)がデマンド値と呼ばれ、さらに1ヶ月間で最大のデマンド値が「最大デマンド値」と呼ばれます。
高圧電力において、この「最大デマンド値」は、基本料金を決める指標になります。また、最大デマンド値を観測してから1年間は、デマンド値がいくら下がろうと最大デマンド値に合わせた基本料金が請求されます。

ちなみに、高圧電力の基本料金の計算式がこちら↓
基本料金=年間の最大デマンド値(契約電力)× 基本料金単価 × 力率割引

 

デマンドコントローラーの話に戻りますが、デマンドコントローラーはデマンド値を上げる主な原因、空調機器(エアコン)を自動的に制御して、目標デマンド値を超えないように調整してくれる商品です。メーカーによって名称や細かな仕様に多少バラつきはありますが、最大デマンド値を抑えて契約電力を下げ、基本料金の削減を図ることを目的とした商品であることは共通しています。しかし、先程「最大デマンド値を観測してから1年間は、デマンド値がいくら下がろうと最大デマンド値に合わせた基本料金が請求される」と説明しました。この説明が正しいのであれば、デマンドコントローラーを導入して最大デマンド値を抑えても、基本料金はすぐに下がらないということになります。しかし、デマンドコントローラーを導入した場合、電力会社に申請をすれば契約電力を下げてくれるのです。(※申請方法や契約内容の詳細については各電力会社にお問い合わせください。当社商品の導入の場合の申請業務は全て当社が代行いたします。)

何故、電力会社が契約電力を下げてくれるのか?それは、電力会社が最大デマンド値(ピーク時のデマンド値)を抑えることを望んでいて、デマンドコントローラーの導入を推奨しているからです。

電力会社は、利用者の電力需要に合わせて安定した電力を供給できる状態を維持しないといけません。ピーク時のデマンド値が高ければ高いほど、電力会社は電気を用意するために、発電施設を稼働させる必要があります。発電に必要な燃料も増えていきます。そのため、電力会社はデマンドコントローラーの導入を推奨し、導入後に契約電力を下げてくれるのです。

 

以下、各電力会社のデマンドコントローラーについて触れられているページをご紹介します。

 

北海道電力(デマンド監視制御装置による省エネ・節電のご紹介)
http://www.hepco.co.jp/business/power_saving/demand.html
※デマンド監視制御装置の概要、設置による契約電力減少について書かれています。

 

東北電力(省エネ方法 デマンド監視装置の紹介・契約電力について)
http://setsuden.tohoku-epco.co.jp/setsuden/corporate/demand.html
※デマンド監視装置の機能・活用方法の紹介。
https://www.tohoku-epco.co.jp/dbusiness/service/rule.html
※契約電力減少の工夫についての項目で、デマンドコントロール装置(デマンドコントローラー)について触れられています。

 

北陸電力(省エネ情報バックナンバー)
http://www.rikuden.co.jp/cleaneco/A_mlmg_backnum_074.html
※北陸電力が定期的に発信している省エネ情報にデマンド監視制御について紹介されています。

 

中部電力(デマンドコントロール装置とは)
http://faq-www.chuden.co.jp/smt/faq_detail.html?category=&page=1&id=127
※Q&Aにて、デマンドコントロール装置とは何か?という質問がされています。

 

東京電力(デマンドコントロールシステムのご紹介)
http://www.tepco.co.jp/ep/corporate/savingenergy_c/demand_control.html
※節電対策はデマンドコントロールシステムの導入を勧めているページです。

 

関西電力(デマンド監視制御装置による節電対策)
http://kepco.jp/biz/setsuden/demand/
※デマンド監視制御装置による節電対策について書かれています。

 

中国電力(契約電力の決定方法)
http://www.energia.co.jp/elec/b_menu/h_volt3/jituryo_kettei.html
※高圧電力における契約電力の決定方法について書かれており、デマンドコントローラー導入による最大需要電力減少についても触れられています。

 

九州電力(デマンドコントローラーの導入について)
http://www.kyuden.co.jp/library/pdf/company/eco_item/35item.pdf
※電力のデマンドを監視し、ピーク時の電力をカットする対策について書かれています。


 お問い合わせ 0800-123-4567

受付時間:9:00~18:00(平日)

ネオコーポレーション 資料請求 お問い合わせはこちらから ネオコーポレーション